プライベート

シネマジャンクション2015授賞式に行ってまいりました。

先日8月22日、横浜でシネマジャンクション2015ノミネート作品の上映会&受賞式パーティーがあり、監督と主演の宇野ひと美さん、そして撮影現場でもいつもお世話になっている現場スタッフの平田姉弟とともに胸をドキドキさせながら行って来ました。

上映会の大画面でみるムービーは、やはりものすごい迫力と臨場感!
夜西監督による映像が流れ出すと、なぜか緊張。ドキドキ。
そして思うことは、あ~やっぱり、素晴らしい。
実際に現場にずっと参加して積み上げてきたこれまでの思いや数々のシーンが思い出され、思わずジーンときてしまいました。

11903766_581397428665771_8256984524853797545_n

 

夜西監督による作品SAPPHIREは今回「編集賞」という素晴らしい賞をいただくことができました。

プレゼンテーターを務めてくださったのはハリウッド映画界の監督陣からもリスペクトされているというあの世界の押井守監督でした!
毎年このシネマジャンクションの審査委員長もつとめられているという有名な監督さんです。
お会いさせていただくだけでなんて光栄だと思いましたが、こんなに間じかで、しかもツーショットでも撮っていただいたのでした♪

審査員であるアクション映画界の錚々たる監督方からの評価も素晴らしいお言葉をいただき、監督としての技術とセンスの高さを高く評価していただけたことが私たち関係者にとってもとても嬉しいことでした。

まだ未完成のダイジェスト版だったため惜しくもグランプリは逃しましたが、それに匹敵する作品だったと、今後の作品完成にむけての期待のお言葉をいただきました。
あとあとの2次会での裏話では、実は押井守監督が夜西監督の作品をとても気に入ってくださって、最終選考でぜひグランプリにとかなり押してくださっていたそうですよ☆

今回は公平な審査の結果「編集賞」となりましたが、作品を最後まで完成させた後には、ぜひグランプリを狙いたいと監督も今後にむけての意気込みを見せてくれ、ますます今後の撮影が楽しみになってきました。

GANTZの佐藤信介監督も、ぜひ完成させて世に出すべきです、とおっしゃてくださったそうです。

アクション映画界の監督方と一緒にお写真もとっていただき、またとない貴重な経験をさせていただけた感謝な一日でした✨

 

11898600_581538435318337_5350762554610980205_n

押井守プレゼンテーターにいただいた「編集賞」

11899834_581538451985002_8765070804369493417_n

 

上は きうちかずひろ監督と。

下は押井守監督からの評価のお言葉を頂戴しています場面。

 

 

11905416_705761969553748_9129125796184501935_o

 

 

GANTZの佐藤信介監督と。

11951152_581538498651664_9145811065024947942_n

11947823_705762542887024_2956910121121090429_o

 

佐藤監督はとても温和で笑顔が素敵な方でした。
評価くださる口調もとても優しく丁寧で、わたくし個人的に大ファンになってしまいました。
そして、監督の表情もとてもいい!!よいお写真ですね~♪

 

さて私も助演ですが、今後のクライマックスシーンでは重要な場面を演じきらなくてはなりません。
気合をいれて今後の撮影に望んでいきたいと思います。
そして必ず素晴らしい作品となって世にだせるように、関係者の皆さんと共に、心の中で祈り続けています。