プライベート

オリジナルJupiter~地球への祈り~創作秘話

お友達からこのCDをいただきました♪

「Jupiter 100%」!!!!

12313730_614732841998896_5687073409847441697_n
色んなバージョンのジュピターが11曲収録されています。
スーザン・オズボーンを初めとする、ボーカル入りのジュピターやピアノ、オーケストラなどの管弦楽、パイプオルガン、オルゴールなどのバージョン。
11曲がヴァラエティーに富んでいて、とても聴き応えがあります。

ジュピターを聴いていると、その曲調そのものが、私たち人類に向けた壮大なメッセージソングのように聴こえてきます。
私もオリジナルの【Jupiter ~地球への祈り~】を今は歌っていますけど、これは木星からの、しいては宇宙から地球へ向けての愛のエール、メッセージだと思い、この曲に詞をつけてみようと思い立ちました。
約5年前のことになります。
それは直観とか、ひらめきというより、なぜかこの曲でオリジナルを創るようにせきたてられているようなある種の緊迫感のようなものを感じたのです。
創りはじめてまもなく、こんな壮大な曲に詞をつけるなんて大それたことはとうてい無理だ、って一度はあきらめました。

でもその後も私をせきたてるメッセージは続きに続きました。
お店やカフェに入るたびに、まるでわたしをさらにせきたてるかのように、決まったようにジュピターが流れてくるのです・笑
この確率は相当なものでした。
そして、友達の携帯の着信音からはまたもやジュピター!
そしてある日は、お友達からヒーリングセッションを受けるのにベッドに横になっていたら、そのサロンへファックスが入り、その待ちうけ?合図の曲がこれまたジュピターで。
このあたりから、もう笑うしかなくなってきました。
そして作り始めてまもなく、なぜか、すらすらと歌詞が舞い降りてくるような感じで完成したのが【ジュピター~地球への祈り~】です。
来年はこの曲を世界へ向けても発信できたらいいなと、これも突飛な発想ですが真面目に思っていたりします。

いまやたくさんの方々に聞いていただけてほんとうに嬉しく思います♪