プライベート

全てを光に変えてゆく☆美輪さんコンサート

先日、美輪明宏さんのコンサートに行って来ました。

美輪さんかは昔から大好きな方。

出版されている本もほとんど読んだし、ちょっと昔のあの「オーラの泉」も欠かさずに見てました。

でもコンサートだけは行ったことがなくて、一度は生で見てみたい~とずっと思い続けてきましたが、ふとした瞬間に願いが叶いました。
私は普段から情報にはうといし、テレビもほとんど見ないし、ネットをチェックもしていないので、チケットを取るなんてことは自分ではまずしません(笑)

それでも、ささやかな願いを持ち続けていると、ある日突然にこういうラッキーなことってやってくるのです☆

知人のお世話焼きの方が
「美輪さんのコンサートのチケット、2枚取ったので今一緒に行く人を探してるの~」
とのこと。

即答で「えっ?ほ、ほんとにぃ??? わ~い!いくいく~!」

まさに突然目の前に、棚ぼた!でした。

ラッキーなことって不思議にいつも天から降ってくるんですね☆

15073572_762108800594632_4225910523782132898_n

 

美輪さん

もうその存在感とオーラは半端ないです!

そしてその高波動の周波数に、みごとに吸い込まれていきました。

そして何も考えないで、ただボーっと唄に耳を傾けていると、色んな映像が脳裏をよぎるのです。
それはいま確認する必要のあることであり、過去の一場面であったり、今とシンクロするような場面だったり。

自分のいまに必要なメッセージを受け取っているかのような時間でした。

そして

美輪さんのつくられる歌ってすごく現実的でリアルですごく面白いのです。
サラリーマンのうた、主婦のうた、もう最高に面白かった♪

ちなみに美輪さんはサラリーマンや主婦のこと、大尊敬されているとのこと。
理由はあまりに大変すぎて自分には逆立ちしても出来ないことだからだそう(笑)

まるでこの世の人ではないような、崇高なオーラをまとった美輪さんなのに、現実に直面して生きる一般の人々の目線にたってつくられた歌がたくさんある。
どうにもならない現実への嘆きや悲しみ、人生の苦しさを歌で表現し訴えて、その苦境にたって生きる人々に勇気と癒しを与え、
その状況をユーモアに置き換えることで楽観的に人生を生きる術を人々に語りかけているのです。

そして一見すると悲惨さや、惨めさのような状況の中で一生を終えるような人生ストーリーであっても、そこに人生の美学、美しさや生きる素晴らしさがあることを表現してくれる。

「老女優のうた」なんかはまさにそんな唄。

1人芝居での演出やパフォーマンスもほんとうに最高に素敵でした☆
美輪さんは本来は天から舞い降りた観音菩薩のような方だけど、どんな役どころもリアル過ぎるくらいにこなせるところがすごい。

「ハウルの動く城」の中の<荒地の魔女>役も声優として、すっごくはまっていたし、
光の世界も闇の世界も、すべてを知り尽くし、すべてを美とユーモラスに置き変えて表現できるお姿は、やっぱりもうこの世の人ではないように思いました。

私もささやかながら歌い手として活動している身だけれど、今回学ぶところがいっ~~~~っぱいあった。
ほんとに行ってよかったです☆

14947694_762108847261294_2615472144451290950_n

ちょと、この美輪さん人形が可愛いでしょ☆

もー!持って帰りたいくらいだった。

14915700_762108823927963_19446285337781053_n